猫さんの続き

猫さんの続き
店内に居る親父殿に「外に猫がおったから、もっと触ってくる!」と宣言。
しかし戻ってみるとそこには既に姿がなくなっていて…(泣)
で。泣く泣く家に帰ろうとしてたら、小さな看板の裏で発見。(笑)
再会の喜びで2回写しました

name
email
url
comment