続。

たとえば、キーホルダーのアルフォンスの毛がいつの間にか紛失していたことでショックが隠せずに「バッカニア大尉が…」と呟きながら、駐車場から出て来た車とぶつかってしまい、軽く流血して口が膨れ上がったり、
脳内の音楽に乗せられてご機嫌なまま、(よく公園の入口に設置されているような)障害物のど真ん中に突っ込んで自転車ごとふっ飛んだり、
何が原因だったかは覚えていないが、電信柱に突っ込んで驚いたことまであります。

…正直、「自転車でよかった」と何度思ったことか…。(←この辺はいい加減開きなおっているので若干ポジティブ)

まぁそんなわけで、ムジャは免許とか取らずに一生自転車で生きていこうと思います。(明らかに頑張る方向が間違ってますが)


…えらい長くてすみませんでした;;

name
email
url
comment